トップページ > 治療メニュー > 専門治療メニュー

専門治療メニュー

インプラント治療

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。
失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。
インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

従来の治療法との違い

■ブリッジや入れ歯について

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

【デメリット】
・噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
・歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。

■インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

【メリット】
・健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
・歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。

【デメリット】
・保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
・オペが必要になります。
・インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

インプラント治療の流れ

■ヒアリング

患者様の歯の悩みや症状などをヒアリングします。

■診察

実際に口の中を見せていただき、歯並びや顎の関節の状態を診察します。

■検査

インプラントに対しての適合性を診断し、歯型などを取ります。

■手術

インプラントを顎の骨に植えるために、歯肉を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に作ります。
骨の穴にインプラントをねじ込み、固定します。固定が完了したら歯肉を閉じます。
通常2〜3ヶ月ぐらい(個人差があります)で骨とインプラントがしっかりと結合します。
インプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯肉の形を整えます。
口の中の型をとり、仮の歯を作成します。噛み合わせを調整し、歯肉の治癒を待ちます。
人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

■メンテナンス

インプラントの治療が終われば、それで安心というわけにはいきません。
歯磨きを十分に行わずにインプラントの周りに歯垢がついた状態で放っておくと天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯磨きが重要です。
又、必ず定期検診を受けるようにして下さい。

※ご注意点
インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではございません。
治療可能かどうかご確認致しますので、ご来院をお願い致します。

ページトップ

審美歯科

審美歯科とは、従来の歯科がむし歯や歯周病などの病気を治す事が目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的としています。
美しい歯や歯肉が、美しい笑顔を生み出します。
そうすることで、みなさんの人生をより豊に出来ればと考えております。

審美歯科は主に下記の4点に集約されます。
・歯を白くしたい
・歯並びをキレイにしたい
・歯肉を美しくみせたい
・歯の欠損部分を自然な形で補いたい

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに歯の変色、黄ばみ等を除去して白くすることです。

ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うことが出来るホームホワイトニングの2種類に分かれることが出来ます。

どちらの方法でも歯を白くすることは可能ですが、両方を並行して行うと最も効果が現れます。

■ホワイトニング Q&A

何故、歯は変色するのでしょうか?
変色にはさまざまな原因が考えられます。
一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。
また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副産物やフッ素の使用による変色も考えられます。
どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?
ほとんどの方が可能です。しかし、それほど効果がない場合もあります。
歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。
また、現在虫歯がある、冷たいものがしみる、歯を削られている、妊婦または授乳期の女性、現在治療中、などの方は事前にご相談下さい。
安全に使用することが出来ますか?
はい、過酸化水素水を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。
歯が白くなるまでにどのくらいの期間が必要ですか?
通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりとでます。
副作用はありませんか?
まれに、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。
一過性のものが大半ですが、その場合は治療を一時的に中断し症状が軽減するか消失するのを待って、じっくり取り組みます。ご安心下さい。
効果はどのくらい持続するのでしょうか?
個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。
しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に使用してください。2〜3年程度は持続するのが一般的といえます。

ページトップ