トップページ > 診療科のご案内 > 小児歯科

小児歯科

小児歯科

「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子どもの歯が健康か、正しい治療がされているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。
子どもの歯が痛みだしたり腫れたりした際、子どもの歯は生え変わるからと放置するのは、絶対にやめてください。
お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

小児の歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子どもにとっては大変なことです。
特に小さなお子様なら尚更のことです。
当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。
恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

■受診は午前中がおすすめ

幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。

■嘘はつかない

なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。 もちろん、治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。

■身軽な服装で

幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をたくさんかくこともあります。
治療には、Tシャツなど身軽な服装でご来院ください。

■リラックスさせましょう

待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、
治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげて下さい。

キッズルーム完備!

テレビありビデオありおもちゃいっぱいのお子様の国です。

ページトップ